OB 樋越勉氏、SB周東選手の偉業達成を祝福

硬式野球部OB・樋越勉氏は、福岡ソフトバンクホークス・周東佑京選手の出身校である東京農大オホーツクの学生時代の恩師で、同選手の才能を見出し開花させた名将であります。関連記事、動画が高校野球ドットコム、webにより配信されています。

スポニチannex(2020.10.30配信)
「ソフトB・周東を東農大オホーツクの恩師たちも祝福」 

高校野球ドットコム(2020.3.24配信)
「恩師が語るヒーローの高校時代」第76回

Sports Graphic Number Web(2020.10.26配信)
「周東佑京も輩出した東農大オホーツクって?」

樋越勉(昭和51年卒・84期)
1976年、日本学園卒業後、東京農業大学進学。卒業後、 日比谷花壇に就職し起業するも、その後、野球指導者を志し転身。母校日本学園のコーチ、監督を経て農大北海道オホーツク硬式野球部(北海道学生野球連盟所属)監督に就任しサークルのような状態から北海道を代表する強豪チームに育てあげました。現在、同チームは全日本、明治神宮大会上位に進出するまでとなり、周東選手始めプロ野球界にも多くに人材を輩出しています。2017年より東都大学連盟に所属する東京農大野球部の監督として采配を振っています。

*東京農業大学硬式野球部 
1931年(昭和6年)に中央、専修、日大、國學院とともに東都大学野球連盟を結成した伝統校。悲願の1部初優勝に向けて、今秋季リーグは3部全勝優勝し2部昇格させた樋越監督に関係者、東都大学野球ファンから熱い期待が寄せられています。同部は江島誠・前総監督(昭和58年・91期)もOBであり、2017年、日学が選手権西東京大会ベスト8に進出した時の4番打者・井上丈伊選手(平成30年卒・126期)も在籍中です。また学園OBの鈴木隆雄氏は元農大学長であり、同じ世田谷にある日学とも縁の深い大学です。

1年生大会に参戦

昨年に引き続き今年も開催され日学も参戦。12の実力校がトーナメント形式で試合を行っていきます。秋季大会に向けてチーム練習に励むなか、1年生部員にとって実戦経験を積む場として大事な大会となっています。
昨年の大会*画像は昨年の大会です。

鉢巻き

応援サイト会の方から応援鉢巻きを頂きました。

本来であれば多くの方々に球場へ駆けつけてもらい心強い声援を頂いていますが、

今大会は無観客試合のため直接選手へ声援を送れませんが、みんな気持ちは一つ。

チーム一丸となって戦っていきましょう。

OP戦

先週に続き練習試合が行われました。

3年生31名全員が試合に出場し、これまでの練習の成果を思う存分発揮していました。

長い休校期間を乗り越えた選手の成長した姿がとても印象的でした。

写真館更新

夜間におよぶ猛練習、悪天候で荒れ放題のグラウンド整備、1秒も無駄にしないスタジアム練習、全力の練習試合、秋のリーグ戦、真価をみせた秋季大会、そして、コロナの苦難を乗り越える強い気持ち。この一年頑張ってきた彼らの姿を、ほんの一部ですがギャラリーにアップしました。(画像をクリックしてください)

 

今、出来ること

本日、スタッフ総出でグラウンド整備と草むしりを行いました。

春の大会が中止となり、夏の大会の開催に望みをかけた選手達は

個々で考えながら真剣に己と向き合い、今出来ることをやっています。

練習が再開となった時に良い状態で練習できるよう準備しています。

今、出来ることを考えながらみんなで乗り越えましょう。

 

 

 

月刊高校野球CHARGE!ネット版もアップされました

月刊高校野球CHARGE!ネット版PICK UP!に【日本学園 野球部】パワー・スピード・スタミナ強化と題した掲載文がアップされました。 また学園HP『職員室』ページに硬式野球部顧問 松岡先生が部員たちへ期待と励ましを込めた投稿がアップされています。

月間高校野球CHARGE! 12月号に日学チーム登場

月間高校野球CHARGE!東京版12月号に日本学園「最強世代」と題して、今チームが紹介されました。記事には、複数キャプテン制を導入し、4人の主将が部員たちの意見を吸い上げて、時に意見をぶつけ、また支え合い本音のミーティングを行うことで、チームがひとつにまとまっていく過程が記されています。ぜひご覧ください。

小見出し紹介(同紙pp.11-12より)

複数キャプテン制でチーム機能
秋ベスト16で春シード獲得
■2017年夏西東京ベスト8
■秋2回戦で東亜学園撃破
■本音のミーティングで一体感
■チャレンジャー精神
■勝ちトレ
■日本学園・高橋裕輔監督
選手たちが答えを導き出すことが大切
■進撃のダブルエース
五十嵐蓮(2年=投手)
森田賢太朗(2年=投手)

日学OB・會田雄大選手、BCリーグドラフト指名を受ける

先日開催されたBCリーグのドラフト会議にて、硬式野球部OB 會田雄大選手(平成27年卒・123期)が、信濃グランセローズから1巡目に指名されました。 

會田選手は平成26年、第96回夏季選手権西東京大会では好打者、好捕手としてチームをけん引。特に3回戦の明星高校との試合は延長10回の激闘となり、同選手がサヨナラのホームを踏み、劇的な勝利となりました。翌日の新聞にもその写真が掲載されています。 卒業後は日本ウェルネススポーツ大学へ進学。その後、good・job硬式野球部に所属し今ドラフト会議の指名となりました。會田選手の今後の活躍を期待しています。

第96回夏大・明星戦より
試合の模様を伝える朝日新聞


*BCリーグ(独立リーグ)
ベースボール・チャレンジ・リーグは北信越、関東、東北、近畿地方の県単位のチームで構成されたプロリーグです。発足は2006年で四国アイランドリーグに続く国内2つ目の独立プロリーグとなります。コンセプトは『ふるさとの全力プロ野球』。「野球を通じて地域の方々に夢と感動を与える」ことをテーマにリーグ運営を行っています。リーグは来年から神奈川チームも参加予定で、全12チームとなります。信濃グランセローズは長野県を本拠地としリーグ発足時から加盟している古豪チームで、今年度は前後期とも西地区優勝を果たしています。
信濃グランセローズホームページ

BCリーグHPより

 

一年生大会に参戦

昨日行われた一年生大会を応援してきました。 この大会は日本学園を含む10校が参加し10月に半分の5校づつでリーグ戦が行なわれて、11月、決勝トーナメント戦に進んでいます。

日学は決勝トーナメントへ進出し、6日、都立昭和高校に大差で勝利、昨日の日大豊山戦に臨みました。結果は敗れましたが、一年生から貴重な実戦経験を積む上でとても有意義な大会と感じました。なにより上級生たちが夜空の府中球場に響き渡る熱い応援を展開し、一丸となって来春、来夏に向かっていく姿勢が伝わってきた試合でした。

台風一過

グラウンド上に散乱した大量の枝葉に、あちこちにできた水たまり。部員総出で丁寧に整備をおこないました。その後は短時間の集中練習。14日に向けチームは気持ちを高めています。

 

2019年度部活動体験練習会の開催について

この度、高校での部活動の練習方法や雰囲気を体験して頂くとともに、本校及び本校野球部の活動・教育方針をご理解頂きたく、下記の日程にて部活動体験練習会を実施させて頂きます。

お忙しい中とは存じておりますが、数多くの中学生のご参加をお待ちしています。

【日時】:①8月7日(水)11:00~集合場所:日本学園高校

     ②8月24日(土)11:00~集合場所:日本学園高校

【場所】:日本学園高校グランド

【住所】:東京都世田谷区松原2-7-34(学校の敷地内にあります。)

【持ち物】:野球用具一式・お弁当

※日本学園高校のHPよりお申し込み可能になっておりますので是非ご覧ください。

   

日本学園「古豪復活」月間高校野球Charge!にチームが掲載されました。

三送会が行われました。

すっきりと晴れ渡った12月11日、学園グラウンドにて3年生引退試合が行われました。久しぶりのプレーでしたが、皆はつらつとし元気な掛け声が溢れていました。
午後は場所を講堂に移し、全部員と部長、監督、保護者及び関係者が出席し、盛大に「三年生を送る会」が催されました。
松岡部長の挨拶、乾杯の後、部員を代表し大塚主将からの送辞。3年生を代表して大森君から答辞がありました。記念品授与の後、高橋監督から感謝と激励の言葉が送られました。この後、3年生一人一人から、照れながらも保護者の皆さんへ感謝とねぎらいが伝えられ、会場は笑いと感動に包まれました。

思い出いっぱいのグランドで最後の試合
試合が終わって、固い握手
晴れやかな表情で入場する3年生
乾杯!
大塚主将による送辞

3年生を代表して、大森君の答辞
高橋監督から、激励とエールの言葉
3年生集合
最後はトンネルを作って送り出し